結婚に対する悩みと退職の決断

 看護師として働いていると職場の男女比率が女性側に傾いていて、職場での出会いを求めるのが難しくなりがちです。
医師などの他の医療スタッフとの間で職場恋愛が実現するケースもありますが、必ずしも機会が頻繁にあるわけではありません。

 結婚できるかどうかが悩みになるのは看護師にはよくあることであり、結婚に由来する理由で退職を決断することも珍しくないのが実情です。
婚活のために退職するというケースはあまりありませんが、仕事に慣れてきた頃に合間を縫って婚活を行い、相手を見つけられたときに退職を決断することはよくあります。
結婚が決まったときにその報告をしながら手続きを始めて、専業主婦になる看護師も少なくないのが現状です。

 結婚に関する悩みは直接的に仕事を辞める理由になる場合もあります。
結婚生活を始めると仕事と家事の両立が難しいという判断から、結婚そのものが不安になっていなかった人でも結婚を理由に仕事を辞めることが多いのです。

 また、結婚生活を始めたときには問題がなくても育児を始めると両立が難しいと感じる人が増えています。
夫婦での共同生活や家族での生活は女性にとって大きな負担になりがちであり、それが悩みになって看護師として働くのが困難という決断をするケースは後を絶たないのが実情です。
その将来がわかっているからこそ婚活をして相手を見つけられたタイミングでもう仕事を辞めてしまおうと考える人が多くなっているのでしょう。